2017年05月の記事一覧

2017年4月、仮想通貨の取引所コインチェックにてトレードを開始した3兄弟のその後を綴ったブログです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ:2017年05月

2017年05月の記事一覧。2017年4月、仮想通貨の取引所コインチェックにてトレードを開始した3兄弟のその後を綴ったブログです。

Zcash
Zcashは5月後半にあったカンファレンス中の爆上げの2、3日前に手放してしまい、悔しい思いをしました。しかしながら、先日の暴落もあり、少しお求め安い値段になっていたので少しだけ仕込んでみました(^^)それに伴い今回Zcashについて少し調べてきました。...

記事を読む

コインチェック活用
このブログでは主にコインチェックの紹介をしてきましたが、仮想通貨の取引所は他にもいくつかありますよね。トレード初心者にとっては、どの取引所が使いやすいの?どのような特徴や違いがあるの?など...疑問が多いと思います。...

記事を読む

仮想通貨ニュース
GWのバブルが終わってから一時期落ち着いたかと思われましたが最近色々なコインが再び爆上げしてきていますね。その原因と思われるのが5月22日~5月25日にNYで行われるカンファレンスです。なんとこのカンファレンスはブロックチェーン関連では世界最大規模らしいです。...

記事を読む

GameCredits
リップルやネムに続きイーサリーアムも順調に上げてきていますね。さて、最近の私ですが、コインチェックでのトレードから、本格的にZAIF(ザイフ)やポロニエックスでのトレードに切り替えをしています(^^)リップルは3月から5月までの約2カ月という短期間で100倍近くまで価格チャートが上昇しました。そんな、第二、第三のリップル候補の通貨がポロニエックスには多数存在しているのです。今回は、そのポロニエックスで取り扱って...

記事を読む

Ripple
ここ数日リップル(XRP)は、ロックアップの発表や韓国の取引所の参入があり、レートがすごい勢いで上がってますね。一か月前のレートと比較すると10倍以上にまで暴騰しています!もっと前に買っておけばよかったと後悔している人も多いのではないでしょうか(^_^;) では、リップルをこんなに急成長させた要因って何でしょう?ロックアップって一体どういう意味?ここではその要因の考察とリップルの将来性について考えます。 リップ...

記事を読む

仮想通貨ニュース
さて、コインチェックでの仮想通貨トレードにも慣れて、そろそろ別の取引所にも目を向けたいなー・・・と思ってきました(;´∀`)と、いいますのも、コインチェックには少し気になる点がありまして。大まかに言うと、以下の2点。...

記事を読む

コインチェック活用
2017年5月9日(火)11時25分頃障害が発生しコインチェックの取り扱う全ての通貨で価格が暴騰しました。 ⇒そのときのコインチェックブログ記事私もその時間ちょうどコインチェックを開いていたので慌てて全ての通貨を売却し純資産が約4倍に!その後ロールバックされましたが(_TдT)悔しいですが破産されても困るので仕方ないですよね。1年後にはあの価格になっている事を期待してます。障害の原因今回の障害の原因ですが現在のと...

記事を読む

NEM
2017年、ゴールデンウィーク中、リップルにつられるようにして、ネムも順調に価格上昇していきましたね(^^♪そして、ゴールデンウィーク後の5月8日、一気に前日の2倍の値まで、一時上昇しました。私は前日の5月7日時点でネムを利確して売り払ってしまい・・・(20万円分あったのに!涙)さて、そんなこんなで現在、リップルはもちろんのこと、ネムにもかなりの注目があつまっていますよね。コインチェックのチャットでも、今の話題...

記事を読む

コインチェック登録
みなさんこんにちは!ゴールデンウィークもあっという間に、今日が最終日となってしまいましたね(^_^;)このGWではコインチェック内のほぼどの通貨も高騰し、大きな利益を手にした人も多いと思います。まだトレード初心者の私でも、このGWだけで資産を約50%ほど増やせました!...

記事を読む

暗号通貨Zcash(ZEC)の特徴と今後の予想

ジーキャッシュ0531

Zcashは5月後半にあったカンファレンス中の爆上げの2、3日前に手放してしまい、悔しい思いをしました。しかしながら、先日の暴落もあり、少しお求め安い値段になっていたので少しだけ仕込んでみました(^^)


それに伴い今回Zcashについて少し調べてきました。

» 記事の続きを読む

コインチェックと、その他の取引所の特徴を比較してみた

比較05291

このブログでは主にコインチェックの紹介をしてきましたが、仮想通貨の取引所は他にもいくつかありますよね。トレード初心者にとっては、どの取引所が使いやすいの?どのような特徴や違いがあるの?など...疑問が多いと思います。

» 記事の続きを読む

有益情報のシェア

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
 カテゴリ
 タグ
None

リップル、イーサリアム爆上げ来るか?ブロックチェーン最大のカンファレンス

GWのバブルが終わってから一時期落ち着いたかと思われましたが最近色々なコインが再び爆上げしてきていますね。その原因と思われるのが5月22日~5月25日にNYで行われるカンファレンスです。

なんとこのカンファレンスはブロックチェーン関連では世界最大規模らしいです。

» 記事の続きを読む

仮想通貨GameCredits(ゲームクレジット)の特徴と購入できる取引所とは?

ゲームクレジット0520

リップルやネムに続きイーサリーアムも順調に上げてきていますね。

さて、最近の私ですが、コインチェックでのトレードから、本格的にZAIF(ザイフ)やポロニエックスでのトレードに切り替えをしています(^^)

リップルは3月から5月までの約2カ月という短期間で100倍近くまで価格チャートが上昇しました。そんな、第二、第三のリップル候補の通貨がポロニエックスには多数存在しているのです。

今回は、そのポロニエックスで取り扱っている通貨の中で、私が現在最も注目している仮想通貨GameCredits(ゲームクレジット)に関して、その購入ルートや、期待できる今後の価格チャートの上昇に関してまとめます。

» 記事の続きを読む

リップルの将来性と、ロックアップの効果は?

ここ数日リップル(XRP)は、ロックアップの発表や韓国の取引所の参入があり、レートがすごい勢いで上がってますね。一か月前のレートと比較すると10倍以上にまで暴騰しています!もっと前に買っておけばよかったと後悔している人も多いのではないでしょうか(^_^;)

では、リップルをこんなに急成長させた要因って何でしょう?ロックアップって一体どういう意味?ここではその要因の考察とリップルの将来性について考えます。


リップルが上昇している背景

rippleロックアップ0518

リップルは、2017年3月末に東京三菱UFJ銀行との提携を表明しました。この発表によりリップルのレートが約8倍に一気に跳ね上がりました。これがリップルのレート上昇にエンジンをかけ、2017年5月18日現在も上昇を続けています。
その後も次々と世界各国の銀行との提携が発表され、伸び続けています。

チャートを見てみると、なんと・・・おそろしいことに3月前半から比較して約60倍~70倍にもレートが跳ね上がっています。。(^-^; コインチェックのチャット内でリップルが騒がれるわけだ。


ロックアップって一体なに?


今現在、リップル社は550億XRPを自社で保持しています。リップルの発行上限は1000億XRPと決められており、550億はその大半にあたります。そのため、これまではリップル社が保持しているXRPを市場に売りに出し、大幅にレートが調整されてしまうことが懸念されていました。

しかし、それを一変させたのが、昨日2017年5月17日に発表があったロックアップです。


リップル社はTwitterでこのような発表が・・・


リップルのロックアップ0518


分かりやすくまとめると、このようなことが書かれています。

  • 今現在リップル社が保有している550億XRPを2018年まで凍結する。
  • 2018年以降、リップル社が保持しているXRPを少しずつ放出していく。


これで今年はリップル社が持っているXRPを売りに出され、価格が下がるといった心配もなくなりました(^_^)少なくとも、2018年直前までは上昇が期待できそうな内容ですね。


リップルの将来性まとめ

rippleロックアップ0517

5月12日には、「Coinone」という韓国の通貨取引所がリップルの売買を開始しました。そして今回のロックアップの発表。世界各国の銀行との提携も次々と行われており、リップルは今現在も世界に浸透していっている真っ只中。まだまだ上昇が期待できそうですね(^_^)


関連記事はコチラ



・NEM(ネム)特徴とカタパルトの時期はいつ?

・2017年4月頭のリップル(XRP)の急騰に気づき慌てふためいた結果。

・暗号通貨モネロ(monero)の特徴と今後のチャート予想



日本の取引所で扱っていない通貨で価格上昇が期待できるものは?

さて、コインチェックでの仮想通貨トレードにも慣れて、そろそろ別の取引所にも目を向けたいなー・・・と思ってきました(;´∀`)

と、いいますのも、コインチェックには少し気になる点がありまして。

大まかに言うと、以下の2点。

» 記事の続きを読む

コインチェックに障害発生?対策はどうすれば良い?

2017年5月9日(火)11時25分頃障害が発生しコインチェックの取り扱う全ての通貨で価格が暴騰しました。
 ⇒そのときのコインチェックブログ記事


私もその時間ちょうどコインチェックを開いていたので慌てて全ての通貨を売却し純資産が約4倍に!

その後ロールバックされましたが(_TдT)
悔しいですが破産されても困るので仕方ないですよね。1年後にはあの価格になっている事を期待してます。


障害の原因


今回の障害の原因ですが現在のところ公式ではまだ発表されていませんがハッキング等の利用者の情報や資産が流出したものでは無い様です。(※後程、発表ありました。)

実は今回のような事象は過去に他の取引所でも起こっています。

■bitFlyerシステム障害
2016年6月24日
18:12 大量の売り注文及び買い注文を受注
18:14~ 弊社システムの不具合により本来発注できないはずの大型の売り注文が約定され、連鎖的にロスカットが発生
18:23 bitFlyer Lightningのサービスを一時停止
以降 復旧に向け対応

この時は暴落したみたいですが後にロールバックされたみたいですね。
また直近では5月1日にzaifでビットコイン価格が50万になる出来事がありました。

ザイフロールバックなし0510

こちらはロールバックされなかった様です。50万で売却出来た人は凄い利益ですよね。

Bitflayer、zaif共、大量の売り注文及び買い注文によるロスカット連鎖による障害が原因です。コインチェックも同様の理由だと思います。過去に事例のある障害なのでしっかり対策して貰いたいですね。


利用者が出来る対策


コインチェックの障害で、コインチェック側も対策を考えてくれるとは思いますが、利用者側でも取引所を分散する等してリスクを分散しておきましょう。

今回のコインチェックの障害が原因でビットコイン以外のアルトコインが一時暴落するという事態が起きました。
コインチェックではサーバーを停止していましたが、そういう時にも他の取引所に登録しておくと安く買い増す事が出来るというメリットもあります。2ヶ所以上の取引所、又はウォレットに資産を分散しておく事をおすすめします。


今回のまとめ


    コインチェック障害0510


  • 今回のコインチェックの障害はハッキング等では無く、ロスカット連鎖による障害の可能性が高い。
  • 取引所を分散するとサーバーが停止した時でも別の取引所が使え、万が一の時のリスクも分散出来る。



関連記事はコチラ


・コインチェックの出金手数料はいくら?土日も出金可能?

・コインチェックのチャートの種類や見方は?



NEM(ネム)の特徴とカタパルトの時期はいつ?

2017年、ゴールデンウィーク中、リップルにつられるようにして、ネムも順調に価格上昇していきましたね(^^♪
そして、ゴールデンウィーク後の5月8日、一気に前日の2倍の値まで、一時上昇しました。

私は前日の5月7日時点でネムを利確して売り払ってしまい・・・(20万円分あったのに!涙)

さて、そんなこんなで現在、リップルはもちろんのこと、ネムにもかなりの注目があつまっていますよね。コインチェックのチャットでも、今の話題は8割がリップル2割がネムといった感じでしょうか。

ネムはカタパルトがどうとか、時期がいつだとか色々と気になる情報があるようです。
あらかじめ価格上昇しそうなニュースがあるなら、しっかりと勉強しておきたいですよね?


今回は、仮想通貨NEM(ネム)の特徴と、今後について、調べてみました!


ネムの特徴

ネムの特徴05143

まず、NEM(ネム)という名前ですが、ew Economy Movement の頭文字をとって名づけられています。直訳すると、「新しい経済の動き」ですね。

ネムの通貨としての特徴は、Polという独自のシステムとセキュリティがしっかりしていること、ビットコインでいうマイニングシステムが、ネム独自のものだということ、などがあります。ネムではマイニングと呼ばず、ハーベスト(収穫)と呼ばれる方法で、報酬を得ることができます。ハーベストは専用のウォレットにネムを10000xem以上入れておくことで、低スペックのPCでも実行可能とのことです。

ネムの開発にはリードエンジニアとして日本人の武宮誠さんが関わっています。そのため、日本語の情報も多く、日本人にも人気の通貨となっているようです。

ネムに似た性質を持つコイン発行系プロトコルの通貨としては、ビットシェアーズ(Bitshares)、ネクスト(Nxt)、ウェイブス(Waves)などがあります。


ネムを手に入れるには?

仮想通貨ネム(NEM)の入手方法は、ハーベスティングの他、取引所にて購入・交換する方法があります。ネムを取り扱っている取引所は以下になります。


日本の取引所である、ザイフやコインチェックで、ネムを取り扱ってくれているのは、うれしいですね。ザイフではネムの指値売買も可能で、また送受信も可能なため、ネム購入をご検討される方は、コインチェックよりZAIF(ザイフ)がお勧めです。ザイフではネムの積立預金もできますよ。


ネムのこれまでの価格推移


nem30bai0514

ネムは市場公開後、僅か半年で約30倍の価格まで上昇しました。これは、ミャンマーの大手銀行の基幹システムに、ネム独自のプライベートブロックチェーン「mijin」を使用する実証実験を行うというニュースでの大暴騰です。

しかし、その後、実証実験からの実装に至らず、価格はじわじわと下げ、しばらくは0.4円~0.6円くらいで推移していました。

nemチャート05142
そして、2017年3月~5月初旬にかけ、一気に高騰し、現在は約15円まで来ています。ここ2カ月で約30倍ですね。これは、主要通貨ではリップルに次ぐ伸び率ではないでしょうか。

この高騰の原因としては、仮想通貨市場への多くの日本人参入が背景にあるのではないかと予想できます。また、カタパルトに関しても期待が高まっている結果と言えるでしょう。


ネムの今後

ネム特徴05141

ネムはここ数カ月で大きく価格チャートが上昇し、時価総額ランキングも一気に5位に躍り出ています。そろそろ頭打ちなのか・・・、いえ、そうではありません。何度も出てきましたが、「カタパルト」が控えているからです。

カタパルト・・・、なかなか詳細情報が見つからないですね。とりあえず、今までのブロックチェーンのスペックが10倍にも跳ね上がるような大型アップデートで、2017年夏以降予定だそう。

また、今後ネム(NEM)の取り扱いを検討している世界の取引所として、下記の名前が挙げられています。

・Gatecoin(香港)
・Coinbase(米国)
・Btcmarkets(豪州)
・Maicoin(台湾)
・Southxchange(アルゼンチン)


たくさんの価格上昇しそうな情報がそろっている、ネム。まだまだ買い時なのではないでしょうか。日本人に愛されている仮想通貨の一つとして、私も購入して、注目し続けようと思います。もちろん、何が起こるかはわかりませんので…、他の仮想通貨にも分散投資をお勧めしておきます(^^)/


関連記事はコチラ



・モナーコインも買える取引所!Zaifの登録方法のやり方

・ローソク足の見方は?初心者でも解りやすく解説!

・【必読】仮想通貨はSCAM(詐欺)との戦い。油断をした自分が馬鹿でした。





 カテゴリ

コインチェックへの登録方法は簡単です

みなさんこんにちは!

ゴールデンウィークもあっという間に、今日が最終日となってしまいましたね(^_^;)

このGWではコインチェック内のほぼどの通貨も高騰し、大きな利益を手にした人も多いと思います。まだトレード初心者の私でも、このGWだけで資産を約50%ほど増やせました!

» 記事の続きを読む

コインチェックの次のステップは「Zaif」です。ビットコインはもちろん、ネムやモナコインが指値で売買可能です。その他、コインチェックには無い利点がたくさん。コインチェックと併用して、ザイフも使って見てくださいね。
ライン0425
Copyright © 資産運用の初心者3兄弟が暗号通貨で億り人になるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます