ザイフで買ってみた



前回の記事ZAIF(ザイフ)の登録方法について書きました。今回は取引方法について書いて行きますね。


Zaifでの暗号通貨の購入方法には大きく分けて、「簡単売買」「取引」の2通りの取引方法があります。各取引方法の特徴について簡単に表にしてみました。

売買する対象取引時間手数料
簡単売買Zaifすぐ売買可能高い
取引Zaifの利用者売買の対象者を待つ必要があるので時間がかかる場合がある。マイナス手数料



すぐに取引したい場合以外は取引で良いと思います。
今回は、取引画面の説明を書いていきます。


Zaif(ザイフ)Coincheck(コインチェック)の違いとして、Zaifでは指値注文での取引となります。

Zaif2

赤丸で囲ってある数値が現在の価格です。1K=1000なので268900円になります。購入する時は、青丸の1BTCの価格の部分に1BTC何円になったら買いたいのかを入力後、買いたい数量を入力して買い注文をクリックするとその価格になった時に自動で購入してくれます。


指値注文だと画面に張り付いていなくても自動で購入してくれるので楽ですね!また、ビットコインとネムを半分ずつ分散して買いたい時は買いたい量の右側にある「使用残高」をクリックすると、自分の残高の何%分を購入するか選ぶ事が出来ます。これも便利な機能ですよね(^^)


Zaifではビットコインの他、ネム(XEM)や、日本発祥のモナコイン(MONA)が取引出来ますが、実はその他にも取引できる通貨があります。

zaif3.png



画像の赤丸部分の「トークン」をクリックすると、

zaif4.png

他にも8種類の通貨を取引できます。こちらは時価総額が低い物が多いですが、PEPECASHなど最近注目されてきている通貨もありますよ。

また時価総額が安いので少額買っておいて放置して置くと暫くすると数倍になっているなんて事もあるかもしれません(  ̄m ̄)

他の取引所では取り扱われていない物もあるので他の取引所に上場するなんて事があれば一気に爆発するかもしれないですね。反対に消えてしまう物もあるかもしれませんが。



今回は簡単にですがZaifの取引方法について書いてみました。
コインチェックを使っている人にとっては注文方法も違うので戸惑う事もあるかもしれませんが、指値注文だと放置しておいても自動で売買してくれたりメリットも多いので、是非Zaifも使ってみてください。

⇒ Zaif(ザイフ)の登録はコチラ


関連記事はコチラ



・モナーコインも買える取引所!Zaifの登録方法のやり方

・今後、価格チャートが上昇しそうな仮想通貨ランキング!

・仮想通貨トレードの基本戦略【分散投資&ハッキング対策】






 カテゴリ
 タグ